【横浜市】あの川にアユがやって来る?!「川づくりコーディネーター制度」が始まりました!

横浜といえば港町で海のイメージがありますが、実は川がたくさんありますよね。

土地のほとんどを丘陵地と台地が占めるため、河川も多いみたいです。

そんな横浜市で、「川づくりコーディネーター制度」が始まりました!

川づくりコーディネーター制度とは、川づくりに意欲のある住民の方々に専門家を派遣する制度のことです。

横浜市は生物多様性に配慮した河川環境の保全を市民と協働して推進しています。目標は「アユが遡上する街、ヨコハマ」!

アユ

画像はイメージです

「川づくり」といっても、いきなり作業が始まるわけではなく、まず有志の住民団体でどんな川にしたいのか意見をまとめ、その実現のためにプランを立てる必要があります。

そのため、派遣されるのは施工の専門家だけでなく、組織づくりやプラン作成など広い範囲で活動を支えてくれる専門家たちです。これは心強いですよね。

以前ご紹介した「いたち川」も、取り組み事例として挙げられています。栄区のシンボルリバーとよばれ、地域の人たちに癒しを与えています。

【横浜市栄区】「いたち川プロムナード」で、栄区のシンボルリバーをのんびり散策しよう!

自然に溢れた豊かな川を見ると癒されますよね。

環境保全はもちろん、住む人の満足感にも繋がる「川づくり」、やってみたい!という方はぜひ公式のお知らせを見てみてください♪

専門知識や資格を活かしてコーディネーターとして協力してみたいという方もぜひご覧ください。

2020/09/30 23:55 2020/09/30 23:55
真野 卵
ジモネタ港南区
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集